2013年に【ネットショップ無料化】を掲げたヤフーショッピングは、
今や日本最大の出店店舗数を誇るネットショッピングモールです。

※出店店舗数は約870,000店、アクティブ店舗数約160,000店(2021年4月15日時点)

初期費用、毎月の固定費、売上ロイヤリティが無料ということもあり、
手数料の負担が少なく出店できるのが
他モールより出店店舗数が多い大きな理由です。

実際の売上に基づいてポイント負担料などの手数料が発生するので、
売上が発生しなければ運営コストが一切かからず、
ネットショップ運営初心者や副業でネットショップを立ち上げる際には
挑戦しやすいモールとなっております。

一方で、参入障壁が低いモールだからこそ
多くの競合店舗がひしめき合っているのが
昨今のヤフーショッピングの実態です。

出店はしてみたものの、思うように売上が伸びず、
「何をしたら売れるのか分からない」
「ヤフーショッピングに詳しい人材がいない」
などのお悩みをよく聞きます。

今回はそんなお悩みを解消すべく
ヤフーショッピングの売上アップのコツと
「ヤフーショッピング運営代行」サービスをご紹介いたします。

ヤフーショッピング(Yahoo!ショッピング)運営代行とは

弊社が提供するヤフーショッピング運営代行サービスは、
「売上伸長」に重きを置いたヤフーショッピングコンサルティングと
ネットショップ運営に必要な業務全般を代行して行うサービスとなります。

なお、弊社はYahoo!からコマースパートナーとして
正式な認定を受けているヤフーショッピングコンサルタントとなります。
ご安心してお任せください。

ヤフーショッピングコンサルティング

ヤフーショッピングを知り尽くした弊社だからこそできる、
売上伸長のための戦略的コンサルティングを行います。

・店舗分析
・運営ロードマップ作成
・競合調査、マーケット分析
・販売戦略、イベント施策のご提案
・アイテムマッチ広告のご提案
・SNSを活用したマーケティング施策のご提案
・レポート提出、定例MTG
・運営における各種サポート
など

運営代行実務作業

売上伸長のために必要な実務作業を代行いたします。

・ヤフーショッピング内SEO対策
・商品登録
・画像制作
・LP(イベント用特集ページ)制作
・メルマガ制作、配信
・広告管理
・イベント管理
など

ヤフーショッピングで売上を伸ばしていくためには、コツがあります。

私たちはそのコツを熟知した実績豊富なコンサルタント、ヤフーショッピング店長経験者が
多数在籍しており、リーズナブルな料金で業界最高峰の知識と経験をご提供いたします。

『ネットショップのスペシャリスト集団』にヤフーショッピングの運営をお任せください。

詳しいサービス内容はこちら

ヤフーショッピング(Yahoo!ショッピング)運営代行にかかる料金は?

ヤフーショッピング運営代行サービスを利用する際にかかる料金は、
業務全般の代行を依頼するのか、部分委託で依頼するのか、によって異なります。

それぞれの代行会社によって業務ごとの細かい料金設定が異なるため、
予算や委託する内容を加味した上で、どのサービスを利用するのか決めましょう。

ヤフーショッピング運営代行サービスを行っている各社の料金プランを紹介いたしますので
代行会社選びの参考にしてみてください。

ヤフーショッピング(Yahoo!ショッピング)運営代行を依頼するメリット

専門的な知識が必要ない

ネットショップ運営には、HTMLやデータ分析などの専門的な知識が必要となります。
そのうえ、ヤフーショッピングの管理画面の操作方法やヤフーショッピング内SEOなど
ヤフーショッピングに関する知識も同時に持ち合わせていなければなりません。

しかし、このような人材はなかなか見つからず、
知識があればあるほど人件費も高くなってしまいます。

ヤフーショッピング運営代行サービスを利用することで、
社内に専門的な知識がなくてもネットショップの運営が可能となります。

採用コストや人材育成コストが削減できる

ヤフーショッピングで売上を伸ばしていくためには、
ECサイト運用経験のある人材がどうしても必要となります。

ところが、ヤフーショッピングの運用経験が豊富な人材を雇用するとなると
毎月相当な人件費が発生してしまいます。
また、人件費以外にも一定の教育コストが掛かってきます。

しかし、私たちのようなネットショップ運営代行会社に依頼すれば、
新しい人材を採用するための費用や、教育のための費用を削減することができます。

一人分の人件費よりも安い価格で、
業界最高峰の知識を得ることができるのは大きなメリットといえます。

社内のコア業務にリソースを割くことができる

ネットショップ運営業務など自社があまり得意ではない部分を外部に委託することで、
自社の限られたリソースを「自社でしかできない業務」に割けるようになります。

この分担が付加価値の創出につながり、競合他社より一歩先を行くことができます。

『餅は餅屋』という言葉があるように、
専門的な分野はその道のスペシャリストに任せてしまう方が
費用対効果は間違いなく高いです。

ヤフーショッピング(Yahoo!ショッピング)運営代行を依頼するデメリット

社内に知識が蓄積されにくい

ヤフーショッピングの運営を外部に委託することで
社内業務を効率化することができますが、
その一方で、社内に知識と経験が蓄積されないリスクを負うことになります。

スピード対応が困難

すぐに対応してほしい業務が発生したとしても
運営代行業者の都合もあるため、即時対応ができないことがあります。

そのため、代行業者がどのくらいのスピード感で対応できるのかを
しっかり確認するようにしましょう。

ヤフーショッピング(Yahoo!ショッピング)の売上アップのコツ

ヤフーショッピングで売上を伸ばしていくために必要なことは大きく3つです。

・アクセス数を増やす
・転換率を上げる
・客単価を上げる

アクセス数を増やすためにすべきこと

商品名、キャッチコピー、商品情報の見直し

ヤフーショッピングの検索順位に影響する主要要素は大きく4つです。

①商品スコア(一定期間中の売上件数、アクセス数、転換率など)
②検索対象項目に適切な情報が入っているか
③ストア全体のレビュー点数、商品レビュー点数
④PRオプションの料率

この中で最も影響力が強く、最初に手をかけるべきなのは②となります。
この項では②の概要についてお伝えいたします。

ヤフーショッピング内の検索対象となるのは、以下の項目です。

・商品名(name)
・商品コード(code)
・キャッチコピー(headline)
・商品情報(explanation)
・製品コード(product-code)
・JANコード/ISBNコード(jan)
・ブランドコード(brand-code)
・プロダクトカテゴリ(product-category)

この中でも特に重要となるのが、
商品名、キャッチコピー、商品情報です。

これらの項目はお客様に商品の魅力を強く訴求できるだけではなく、
検索エンジンに対しても、キーワードとして認識してもらう非常に重要な項目となります。

商品名

商品名には正確な商品の名称を入力し、最大文字数まで検索対策ワードを盛り込むようにしましょう。

【送料無料】や[〇〇円OFF!]のようなテキストを商品名に入れている店舗様がいらっしゃいますが、
こういった商品名以外のテキストや、装飾文字は不要なワードと認識され、
ヤフーショッピング内SEOに悪影響を及ぼすと言われていますので注意が必要です。

減点の対象となる装飾文字一覧
【】[]※!!♪★☆◆≪≫■<>○◎◇○□△▲▼▽

キャッチコピー

キャッチコピーは、ヤフーショッピングの検索結果ページには表示されませんが、
れっきとしたSEO対象項目となりますのでこちらもしっかり入力するようにしてください。

キャッチコピーには商品の特徴はもちろん、
【送料無料】などのお得情報も入れると良いかと思います。

商品情報

こちらもヤフーショッピングの検索結果ページには表示されませんが、
SEO対象項目となりますので、しっかりと入力するようにしてください。

分かりやすい商品説明になることを心掛け、検索キーワードを盛り込みましょう。

広告の見直し

ヤフーショッピング全体のアクセス流入元のうち、
約80%がモール内の「検索」からの流入とされています。
その中でも、【検索結果1ページ目からのアクセス】が大半を占めるとも言われています。

しかし、現在のヤフーショッピング検索アルゴリズムでは、
新商品でまだ売上実績が無い商品や売上が低い商品などは、
検索上位に表示されにくい傾向にあります。

そのような商品群に対しては、『アイテムマッチ広告』と『PRオプション』が、
非常に重要な役割を担っております。

アイテムマッチ広告

アイテムマッチ広告とは、ヤフーショッピング内の”クリック課金型広告”です。

クリック課金型広告とは、広告がクリックされた回数に応じて料金が発生する広告で、
アイテムマッチ広告ではワンクリック最低10円で設定が可能です。
※最低料金は商品のカテゴリによって異なります。

PRオプション

上述したように、ヤフーショッピング内の検索結果に影響する一因となるのが
このPRオプションです。

PRオプションとは、商品が売れた際の販売手数料(PRオプション料率)を設定することで、
検索結果上位に自社の商品を表示させる”成果報酬型広告”です。
PRオプションが影響している商品が、検索結果経由で売れた場合に費用が発生する仕組みとなります。

例えば、PRオプションを10%で設定している10,000円の商品が、
PRオプション経由で売れると、1,000円の広告費ををYahoo!側に支払うことになります。

PRオプションは、0.1%刻みで料率を変更することができます。

転換率を上げるためにすべきこと

商品ページの見直し

ヤフーショッピングは出店店舗数が多いこともあり、それだけ競合も多いです。
そのため、商品ページのクオリティでいかに他社と差別化できるかが重要となります。

良い商品ページとは、
・情報が整理されていて、ごちゃごちゃしていない
・商品を購入する理由が明確になっている
・商品の魅力を十分に訴求できている
など諸々の要件がありますが、
最も重要なのが、安心して購入できる情報量が伴っていることです。

商品ページ内に十分な商品情報があるか、わかりやすい商品画像が入っているか
などを再度確認してみてください。

販促の見直し

ヤフーショッピング内で転換率アップの効果が最も高い施策はクーポン施策です。

クーポンを設定することで、
商品詳細ページ、カートページ、検索ページといったユーザーとの大事な接点となる要所で、
クーポンが表示されるようになります。
クーポンがあるかないかで転換率が大きく変わりますので、ぜひ試してみてください。

また、機能の1つであるSTORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)を利用することで
ターゲットに合わせたクーポン発行が可能となります。
こちらも併せて検討してみてください。

客単価を上げるためにすべきこと

購入価格ごとに特典を付ける

・2,500円以上のお買い物で500円OFFクーポン
・5,000円以上のお買い物で送料無料
などといった、ユーザーが複数購入することのメリットを
強く打ち出すことで客単価を上げることができます。

そのため、セット買いしやすいような商品ページにすることも非常に重要です。

ヤフーショッピング(Yahoo!ショッピング)運営代行を依頼する際の注意点

ヤフーショッピング運営代行サービスは上述したように様々なメリット・デメリットがあります。

ヤフーショッピング運営代行は売上最大化を図るうえでは非常に便利なサービスですが、
代行業務内容やコンサル内容、提案内容が代行会社の力量に大きく左右されるため、
しっかりと比較検討をするようにしましょう。

依頼内容を明確にする

まずは自社の課題を抽出する必要があります。

そのうえで、その課題となる部分だけを依頼するのか、
運営全体を依頼するのかを決める必要があります。

また、部分委託が不可という代行会社もありますので注意しましょう。

代行会社の実績を確認し、比較検討する

ヤフーショッピング運営代行サービスを提供している企業には、
非常に高額な料金体系のところが少なくありません。

自社が外注費として捻出できる費用を把握し、
その費用に見合った代行業者を探すようにしましょう。

また、代行会社の実績などもしっかりと確認し、
その費用に見合う成果が出るのかどうかも勘案する必要があります。

弊社ザーナスは、Yahoo!からコマースパートナーとして正式な認定を受けている、
ヤフーショッピングコンサルタントとなります。

ヤフーショッピング運営代行会社をお探しであれば、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。