ブログ

【2020年最新】Qoo10(キューテン)に出店するメリット・デメリット

イーベイ・ジャパンが運営する日本国内向けECサイト、Qoo10。
日本国内のEC市場としては、
楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングに次ぐ4番手といわれていますが、
近年は若い女性を中心に会員数を増やし続けています。

今回の記事では、Qoo10での出店をお考えの方に向けて、
Qoo10の特長や、出店におけるメリット・デメリットについて
ご紹介していきたいと思います。

【ネットショップの始め方】~Qoo10(キューテン)編~

【ネットショップの始め方】~Qoo10(キューテン)編~

Qoo10(キューテン)は、アメリカのネットオークションサイト『eBay』が世界規模で運営しているオ...

Qoo10の特長

Qoo10のメインのユーザー層は10代~30代の女性です。

ユーザー層が若い女性のため、Qoo10で売れる商材は
プチプラファッションやコスメ、ダイエット関連グッズが中心です。

Qoo10で実際に購入したことのある方や
メルマガ登録をしている方ならご存じかと思いますが、
Qoo10のイメージといえば、

  • 「とにかく安い」
  • 「クーポンが頻繁に発行されている」

といったことかと思います。

代表的なものとして、Qoo10が発行するカートクーポンなどが挙げられます。

複数店舗での合計金額に応じて利用できるカートクーポンは、
割引率によっては楽天やAmazonなど、
どこのECモールよりも最安値で商品を購入できる場合もあり、
ユーザーにとっても非常に満足度の高いクーポンとなります。

また、通常価格よりも格安で商品を購入できる「共同購入」では、
ショップ側が指定した数量を購入希望者が上回ると
その商品を購入できるという仕組みで
日々お得な商品を求めてアクセスするユーザーが多いのが特長です。

Qoo10出店のメリット

月額固定費が無料

Qoo10出店の一番のメリットは、
Yahoo!ショッピング同様に月額固定費が無料で、
運用にかかるコスト負担が少ないことです。

例えば、楽天市場の場合、
商品の売上に関わらず月額出店料やシステム手数料が発生します。

そのため、諸費用を加味した上で販売価格設定を行わないと
売上が高くても利益に結び付かない可能性があります。

Qoo10は売上金の清算時に注文に対して販売手数料が発生しますが、
月額固定費が無料なので、
売上が少ない月にはその分手数料も少なくなり、
ランニングコストが少なく済むのが出店側としてはありがたいところです。

Qoo10発行メルマガによる集客効果が高い

Qoo10ではモール発行のメルマガが頻繁に配信されます。

多い日には1日に2~3通のメルマガが届くこともあり、
モール側で積極的に販促を行ってくれるため、
メルマガに商品が掲載されることで短期間で高い売上を狙うことが出来ます。

プロモーションコストが少ない

Qoo10では「タイムセール」や「共同購入」などの広告枠に出稿が可能ですが、
これらの広告費用は1,000円~5,000円程度のものが多いです。

楽天やYahoo!ショッピングなどと比べても
低コストでプロモーションをかけることができます。

Qoo10の発送委託サービス(QWMS)

Qoo10にはAmazonでいうFBAと同様に、
フルフィルメントサービスがあります。

商品を倉庫に事前納入しておくことで
手間のかかる発送作業を委託できるので、
出店側の作業的負担も少なく済みます。

【EC用語辞典】FBA(Fulfillment By Amazon)

【EC用語辞典】FBA(Fulfillment By Amazon)

FBAとは FBA(Fulfillment by Amazon)とは、Amazonの運営する出...

越境ECに強い(QWMS)

Qoo10は、韓国やシンガポールをはじめ
アジアを中心に販売エリアを広げており、海外販売に強いのも特長です。

海外販売の機能を追加するだけで越境ECに対応可能なうえ、
日本で販売しているページを用いて
そのまま海外に向けて販売することができます。

また、海外の購入者から注文が入った場合には、
Qoo10が指定する国内の倉庫に発送するだけで良く、
海外の購入者への配送はその後Qoo10が行う仕組みです。

海外向けの発送でも煩雑な手続きや手間がなく、
国内の購入者へ発送するのと同じ感覚で手軽に越境ECを行う事ができます。

Qoo10出店のデメリット

商品の販売価格が安すぎる

安さやお得感を全面に押し出しているモールなだけあり、
Qoo10で販売されている商品は全体的に価格が異常に安いという点があります。

プチプラアイテムが多い、というだけでなく、
ナショナルブランドの商品であっても
ECモール最安値といえる価格で販売されていることも多々あります。

その中で売上を上げるには必然的に販売価格を下げる必要があり、
安価で商品を仕入れることができ、
且つ安い送料設定で配送が可能な店舗が強いモールといえます。

プロモーションを活用しないと売れにくい

Qoo10で売上を立てるにはプロモーション利用が大前提となります。

楽天やYahoo!ショッピングなどの各モールと比べると
集客力は劣りますので自然検索で売上を作ることは難しく、
メルマガやQoo10施策の共同購入、タイムセールを活用して
露出を増やす必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Qoo10の出店は月額固定費が無料で、運営におけるコスト負担が少なく
商品を販売できることが一番のメリットです。

また、個人でも出店申し込みができるので、
どなたでも始めやすい販路になっています。

Qoo10のメインユーザーである若い女性向けの商材をお持ちの方は、
ぜひチャレンジしていただきたいモールとなります。

弊社ではMD業務、画像作成など
ネットショップに関わるほとんどの業務に対応可能です。
どのような内容でも気軽にご相談ください。