ブログ

【2020年最新】Amazonに出店するメリット・デメリット

国内最大手のECサイト、Amazon。
2019年の流通額は、楽天市場に次いで2位(推定3兆4,238億円)、
利用者数においては楽天を抜き、
国内トップの5,000万人とのデータが出ています。

日本で最も利用されているECサイトとも言える
Amazonへの出店を検討されている方に、
今回はAmazon出店におけるメリットやデメリットについて
お伝えしていきます。

Amazon出店のメリット

出品が簡単

Amazonは楽天やYahoo!ショッピングと比べると、
出品にかかる手間が少なくスピーディーに商品を販売することができます。

そもそも、楽天等とAmazonでは出店形態が大きく異なります。

楽天等の多くのECモールでは、モール内に自店舗のWEBサイトを作成し、
店舗の中で商品を販売します。
そのため商品ページを作成するには専門的な知識が必要となり、
ページの作成に時間と人件費がかかります。

それに対し、Amazonは【店舗】という概念がなく、
Amazonという1つのECサイトに個々のネットショップが
商品のみを出品している形になります。

原則として1つの商品に対し1ページしか存在しないので、
すでに同じ商品が販売されている場合、
ページを共有して販売ができます(相乗り出品)。

相乗り出品の場合、

  • 販売価格
  • 在庫数
  • コンディション(新品/中古)

の入力だけで、驚くほど簡単に出品可能です。

商品出品までの流れにつきましてはこちらの記事を確認ください。

【ネットショップの始め方】~Amazon編~

【ネットショップの始め方】~Amazon編~

ネットショップ運営をお考えの方にとって、まず出店の候補に挙がるのが、楽天、Yahoo!ショッピング、...

Amazonの圧倒的な集客力

日本国内には多くのECモールが存在しますが、
Amazonの配送スピードの速さ、サイトの見やすさ、購入のしやすさなど、
ユーザビリティの高さからAmazonユーザーの中には
Amazonでしか買い物をしないという、
いわゆるAmazonファンが多く存在します。

また、楽天やYahoo!と並んで知名度のある会社であり、
商品の充実度やセキュリティ面においても信頼があるため、
ユーザーにとって安心感があります。

Amazonプライムという会員サービスによる強力な顧客の囲い込みにより、
今後ますますAmazon利用者は増加していくと見られています。

このようにAmazonのサイト自体に
圧倒的な集客力があるためアクセスを集めやすいのです。

月額固定費が安い

Amazonの出品プランには
大口出品サービスと小口出品サービスの2つがあります。

ある程度(月50件以上)の販売件数を見越している企業や個人事業主は大口出品サービス、
副業で手軽に始めたい方には小口出品サービスと、
出品する商品や予想販売数、事業規模に合わせて出品プランを選ぶことができます。

小口出品サービスの場合、月額固定費が無料で
商品が売れた場合にのみ成約手数料や販売手数料が発生しますので
売上がなければ手数料は発生しません。

ネット販売が初めてで、商品が売れるかどうか不安な方でも
費用負担が少なく販売できます。

FBAが利用できる

商品の在庫管理、発送、顧客管理といった業務をAmazonが代行してくれる
FBA(Fulfillment by Amazon)を利用することができます。
※FBAを利用するには別途手数料が発生しますのでご注意ください。

FBAを利用する際にはAmazon倉庫に商品を梱包して納品する、
という手間がかかりますが、予め商品を納品しておくことで、
受注後の業務はAmazonにお任せすることができ、業務効率化に繋がります。

【EC用語辞典】FBA(Fulfillment By Amazon)

【EC用語辞典】FBA(Fulfillment By Amazon)

FBAとは FBA(Fulfillment by Amazon)とは、Amazonの運営する出...

Amazon出店のデメリット

Amazon自体が競合相手になる

Amazonと楽天等テナント型モールの一番の違いとして、
AmazonではAmazon自身も商品を販売している点が挙げられます。

Amazonには「カートボックス」という仕組みがあり、
1つの商品に対して1店舗だけが「カートに入れる」ボタンから
商品を販売できる権利を持つことができます。

従って、「カートボックス」の権利を獲得できるどうかが
商品の売上を大きく左右することになります。

Amazon自身が販売している商品の場合、
高確率でAmazonがカートボックスの権利を獲得しており、
Amazon相手ではカートボックスの獲得が難しく、
売上が見込めない可能性があります。

店舗ページがないため、店舗にリピーターが付きづらい

上述したようにAmazonは出品型のマーケットプレイス販売となり、
【店舗】という概念がないため、多くのAmazonユーザーは
「Amazonから商品を購入した」という認識になります。

商品ページ内で店舗の特色を打ち出すことができないため、
店舗にファンがつきにくく、
通常のECサイトのようなリピーター獲得のセオリーが通用しません。

特に相乗り出品の場合は価格が最安値でないとカートが獲得しにくいため、
価格訴求が優先になってしまいます。

広告費がかかる

国内大手のECサイトなだけあり、競合商品がとても多く、
広告費をかけなければ競合商品に埋もれてしまう可能性が高いです。

上位表示するためには広告をかける必要があり、
他モール同様広告費が発生します。

新規出品の場合、出品登録が複雑

Amazonでの出品において、相乗り出品ではなく新規で商品を登録する場合、
画像や商品名の制約が厳しく出品登録が少々複雑になります。

商品のサムネイル画像は白抜き(白背景の画像)のものとなり、
画像内にテキストが入っていたり背景がある場合、
出品情報の不備という扱いで非表示になる可能性もあります。

商品タイトルについても同様に制限が多いです。
楽天やYahooなどのモールでは利用できる商品タイトルがAmazonでは使用できず、
禁止ワードを掲載したために商品が削除される可能性も十分にあり得ます。
(※とくに健康・美容系の商品は規制が厳しいです。)

加えて、Amazonの出品規約や登録ルールが知らず知らずのうちに
変更になることがあるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Amazonは1商品から登録することができ、出品方法もとても簡単です。

また、初期費用や固定費も低いため、
ネット販売初心者の方でも始めやすいモールです。

ただその反面、競合他社が多く、広告費をかけ検索順位を上げたり、
商品価格の調整等でカートを獲得できないと
売上を上げるのが難しいともいわれています。

Amazon出店をお考えの方には、
こうしたメリットやデメリットを理解したうえで、
出店をご検討いただければと思います。

Amazonの運営代行に関してはこちらをご確認ください。

Amazon

Amazon

私たちは提供するサービスが確実なモノでなければいけないと考えています。 多くのEC運営代行は見...