【成果報酬・全額返金保証】EC運営代行・EC広告運用・ECコンサルティング・EC構築・HP制作
ブログ

【徹底解説】WEB広告とは?種類別まとめ!

広告業界の中で最も成長著しいのがWEB広告と言われています。
時代的背景を考えても、疑問の余地はありません。
今後も加速度的に普及していくこのWEB広告ですが
自分で運用していないと、具体的に『WEB広告』と言われても
すぐに説明ができなかったり、
仕組みそのものを理解できていないということもあるかと思います。

今回は、
WEB広告とは何か?
どのような種類があるのか?
その他の広告にはどのようなものがあるのか?
を種類別に紹介していこうと思います。
販促に苦戦している店舗様の一助となれば幸いです。

WEB広告ってそもそも何?

Web広告とは簡単に説明すると
インターネットの媒体に掲載される広告】のことです。

広告枠を持つWEBサイトやGoogleなどの検索結果ページ、
メール、SNSなどのあらゆる媒体に掲載され、
インターネット広告などと呼ばれることもあります。

WEBページ上の広告枠を利用して、
認知度や売上を向上させたい商品やサービスを宣伝できる
という仕組みになっています。

WEB広告を活用するためにまず重要なポイントは、
様々な種類の広告の中から目的に合ったものを選ぶことです。
この際の判断方法はいくつかありますが、
当社では【ユーザーの関心度にあわせて広告を選ぶ】という方法をお勧めします。

一般に商品やサービスに対するユーザーの興味・関心は、
・低関心層(商品・サービスで解決できる課題を抱えていない)
・潜在層(商品・サービスで解決できる課題を認識していない)
・顕在層(商品・サービスで解決できる課題を認識している)
・顧客層(商品・サービスを購入・利用をしたことがある)
の順に高まっていくとされています。
どの層のユーザーにアプローチしたいのかによって採用すべき広告の種類は変わってきます。

代表的なWEB広告

・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・リターゲティング広告(リマーケティング広告)
・アフィリエイト広告
・ネイティブアド
・純広告(バナー広告)
・記事広告
・リワード広告
・動画広告
・SNS広告

その他の広告

・プレスリリース
・インフルエンサー広告(マーケティング)

リスティング広告

ユーザーがGoogleやYahoo!を使用して検索した際に表示されるページに、
検索したキーワードに応じて表示されるWEB広告です。

検索したキーワードに関連した広告が表示されるため、
購買意欲の高いユーザーを集客できるというメリットがあります。

主なリスティング広告サービス

・Yahoo!プロモーション広告『スポンサードサーチ』
・Google Adwords

主なターゲット層

顕在層

ディスプレイ広告

WEBサイトやアプリの広告枠に表示される画像や動画、テキスト広告のことです。
画像や動画を使用して視覚的にアプローチできることから、
ユーザーに興味・関心を持ってもらいやすいというメリットがあります。

しかし、ユーザーが自ら検索して表示される広告とは違うため
クリック率はクリエイティブに依存する傾向があります。

年齢や性別、地域、過去のWEBサイト閲覧履歴などでターゲティングを行うことが可能なため、
自社のサービスや商品を知らない潜在層に適したWEB広告だと言えます。

主なディスプレイ広告サービス

・Google ディスプレイ ネットワーク(GDN)
・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

主なターゲット層

潜在層

アフィリエイト広告

アフィリエイトサイトに掲載している広告を通して、
成果が発生した際に広告を掲載している媒体に対して報酬が支払われるWEB広告です。

多くのアフィリエイトサイトに掲載される機会があり、
認知拡大に非常に向いています。

また、費用が発生するのはコンバージョンが出た場合のみのため、
他のWEB広告と比較しても費用対効果が高いのが特徴です。

主なアフィリエイト広告サービス

・A8.net(エーハチネット)
・ValueCommerce(バリューコマース)
・アクセストレード

主なターゲット層

潜在層

リターゲティング広告(リマーケティング広告)

過去にWebサイトを訪問したことがあるユーザーに対して表示させるWEB広告です。

より自社の商品やサービスに興味・関心のあるユーザーにターゲットを絞ってアプローチできるため、
コンバージョンにつながりやすくなります。
顕在層や顧客層に適したWEB広告です。

また、広告を扱っている媒体によって呼び名が異なり、
Yahoo!では『リターゲティング広告』
Googleでは『リマーケティング広告』と呼ばれています。

主なリターゲティング広告サービス

・Google ディスプレイ ネットワーク(GDN)
・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

主なターゲット層

顕在層~顧客層

ネイティブアド

WEBサイト上の記事やコンテンツと同じ見た目で表示されるWEB広告です。

他のコンテンツと見た目にほとんど違いがなく、
自然な広告表示が可能となります。
そのため、ユーザーにストレスを与えずに済むため、
興味を示してもらいやすいというメリットがあります。

クリック率も比較的高い広告です。

主なネイティブアドサービス

・TAXEL(タクセル)
・AkaNe(アカネ)

主なターゲット層

潜在層

純広告(バナー広告)

特定のサイト内の広告枠を買い取って掲載するWEB広告のことです。
テキストや画像、動画での広告表示が可能で、バナー広告とも呼ばれております。

広告を一定期間表示させることが可能なため、
自社の商品やサービスを知らない低関心層へのアプローチが可能です。

主な純広告サービス

・Yahoo!ブランドパネル

主なターゲット層

低関心層

記事広告(タイアップ広告)

既存のサイト内でPR用の記事を配信してもらうWEB広告です。
広告主が媒体と連携して制作する広告であることから、タイアップ広告とも呼ばれております。

媒体のブランド力を利用することができるため、
信憑性のある記事として読んでもらいやすく、
クリック率が高い広告となります。

ただ、掲載する媒体と自社商品・サービスとの親和性が重要となるので
媒体のブランド力だけではなく、媒体を閲覧するユーザー層を
把握しておく必要がございます。

主な記事広告サービス

・Yahoo!スポンサードコンテンツ
・Gunosy Ads(グノシーアズ)
・antenna(アンテナ)

主なターゲット層

潜在層

リワード広告

アフィリエイト広告の一種で、
広告のリンク先WEBサイトでアプリのダウンロードや、商品の購入など成果が発生すると
広告主から媒体に成果報酬が支払われ、
媒体がその会員に媒体内で使えるポイントなどを付与する仕組みの広告のことです。

短期間でのブランディングや認知拡大、
アプリのインストールユーザーの獲得など
を目的に使用されることが多いWEB広告です。

主なリワード広告サービス

・AppDriver(アップドライバー)
・GMO SmaAD(ジーエムオースマアド)

主なターゲット層

潜在層~顕在層

動画広告

動画コンテンツを配信するWEB広告です。
動画広告は大きく4つに分類されています。

・インフィード広告
・インストリーム広告
・インバナー広告
・インリード広告

テキストや画像と比較しても伝えられる情報量が多く、目を引きやすいため、
効果の出やすい広告として最近では多くの企業が取り組んでいます。

以前に紹介した【ネットショップでも活かせる!】動画マーケティングとは?
通ずるところが多いのでぜひとも前回の記事を閲覧いただければ幸いです。

主な動画広告サービス

・Google TrueView(グーグルトゥルービュー)
・Yahoo!プレミアム広告
・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

主なターゲット層

低関心層~潜在層

Facebook広告

Facebook内で表示される広告です。
SNS広告の一種で、そのユーザー数の多さやターゲティング精度、ビジネス向けの使いやすさから企業での活用が進んでいます。

性別、年代、趣味・嗜好など、広告出稿前に詳細条件を設定できるため、
広告主の意図に沿ったターゲットに広告を届けることが可能です。

さらに、アカウントに紐づくユーザー情報でトラッキングができるため、
より詳細な行動分析ができるのも大きなメリットと言えます。

Twitter広告

フォロワー数の増加』や『ツイートへのリーチの上昇』、
『外部誘導』、『情報拡散』を目的に配信される広告です。
拡散力が非常に高く、2次拡散による高い費用対効果が期待できます。

ユーザーのタイムラインに広告主のツイートを挿入し、
ユーザーがTwitterにアクセスした時に上部に表示される仕様になっています。

また、配信するターゲットを絞ることができるので、
質の高いフォロワーを集めることができるようになっています。

LINE広告

LINEが提供しているサービス上で
ネイティブアドを表示することができるサービスです。
様々なユーザーに対して自社の商品やサービスを認知してもらうことが出来ます。

『年齢』、『性別』、『地域』、『興味関心』などでセグメントが可能です。

プレスリリース

企業・団体が、経営に関わるニュースや、
新商品・新サービスの情報をマスコミに知らせるための文書です。
平たくいうと「こんな話があるから、報道してください」とお願いするお知らせのことです。

プレスリリースのメリットとしては
・コストがかからない
・高い信頼性
・強力な情報伝達力
が挙げられます。

主なターゲット層
報道機関、企業

インフルエンサー広告(マーケティング)

知名度のある消費者(インフルエンサー)に
商品やサービスの体験談やクチコミを発信してもらう広告手法。
一般消費者からすると『あの人が好きなものなら間違いない』
と、購入時の大切な判断基準の指針になる。

主にSNSやYouTubeを活用して商品・サービスを紹介する。

まとめ

今回ご紹介した広告にはそれぞれメリットとデメリットがあり、
適したターゲット層もまったく違います。
そのため、重要となってくるのは
ターゲットは誰なのか】、【目的は何なのか】を
明確にすることです。

そして、そのターゲットにリーチするために最も効果的な広告を
利用するようにしましょう。

どの広告を利用するのがいいのかわからない方は
弊社まで気軽にご相談ください。
広告運用のプロとしてアドバイスさせていただきます。

また、とりあえずネット広告を配信してみたい!
という方には出稿管理が簡単なリスティング広告やディスプレイ広告をおすすめします。
参考にしてみてください。

電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ