ECカートシステムにはさまざまな種類のものがありますが、
その中でもこれからご紹介する「MakeShop(メイクショップ)」は利用者の多いサービスです。

これから自社ECを開設するために、MakeShopの導入を検討している方も多いでしょう。
そこで、この記事ではMakeShopの特徴や機能のほか、
メリット・デメリットについても詳しく解説していきます。

導入を検討している企業の方は是非参考にしてみてください!

MakeShopの概要

MakeShopとは?

MakeShopはGMOメイクショップ株式会社が運営するASPショッピングカートサービスです。
簡単にECサイト(ネットショップ)を構築できるサービスで、2004年にサービスが開始され、
2013年以降はショッピングカート流通総額で国内トップをキープし続けております。

導入実績は2万店舗以上、ネットショップASPサービスの流通額1700億超え、
店舗会員数は延べ4000万人と、国内最大規模の実績を有しており
国内を代表するECサイト構築・運営サービスといって差し支えないでしょう。

MakeShopの特徴

MakeShopの大きな特徴は、豊富な機能と自由度の高さです。
手軽に操作できるASPでありながら、ECサイトに必要な機能が一通りそろっている点が
多くの事業者に高く評価されております。

テンプレートは170種類以上から選択可能、
HTML/CSSの知識があればよりオリジナル性の高いサイトを制作することができます。

また、決済方法も豊富なうえ、メルマガ機能なども充実しており、
サイト運営者にとってもユーザーにとっても利便性の高いサービスとなっております。

MakeShopの料金体系

MakeShopではプレミアムショッププランと
エンタープライズプランの2つの料金プランが用意されており、
売上手数料は一切かかりません。

売上手数料が0円であるため、モールと併用して運用したい方にもおすすめです。

なお、MakeShopでは無料体験プランを実施しておりますので
気になる方は是非無料体験を利用してみてください。

概要 プレミアムプラン MakeShop
エンタープライズ
月額費用(税込) 11,000円 55,000円
初期費用(税込) 11,000円 110,000円〜
カード決済手数料 3.19%〜 3.14%
商品数 10,000 50,000
自由なデザイン
SNS連携
(Twitter、Instagram)
BtoBショップ対応
クーポン機能
まとめ買い割引機能
カスタマーサポート
専任のカスタマーサポートを利用可能

プレミアムプランはこれからECサイトを始めたい方や個人経営を考えている方など、
中小規模の店舗様向けのプランとなっております。
エントリープランとはなりますが、10,000点の商品登録が可能で、
デザインのテンプレートも充実しております。

一方で、MakeShopエンタープライズプランは大規模ショップ向けのプランで、
50,000点の商品登録が可能です。
その他にも専任のカスタマーサポートが付くほか、大容量のサーバーが使用可能。
プレミアムプランよりさらに充実した内容となっています。

問い合わせ

MakeShopのメリット

機能が豊富

MakeShopの最大のメリットは、上述したように機能が豊富なことです。
スマートフォン対応やクレジットカード決済ページの表示、
ランキング機能、SNS連携機能、SEO機能など
店舗運営に必要な幅広い機能が備わっています。

デザイン性が高い

ショップのデザインを自由に変更することができる「オリジナルデザイン機能」では、
TOPメニューやナビゲーションのほか、商品ページ、買い物かご、ログイン画面など
様々なページのHTMLを直接編集することができます。

HTML/CSSの知識があれば、ブランドイメージを明確に打ち出した店舗デザインにカスタイズ可能です。

もしHTML/CSSの知識がない初心者の方でも、
170種類以上のテンプレートから選ぶことができるので安心してご利用いただけます。

サポート体制が充実している

MakeShopは無料のサポートが充実している点も大きな特徴です。
スタートアップから運用、集客にいたるまで、店舗が抱える悩みを
ネットショップ運営のプロである「ECアドバイザー」に相談することができます。

上記のようなお悩み以外にもショップに適した集客方法や、
効率的な運営のコツなども教えてもらえるので知識がない初心者の方も安心して
ネットショップを始めることが可能です。

BtoBにも対応している

MakeShopでは、BtoB向けの販売にも対応しています。(※有料)
ASPは「個人が利用するもの」「あくまでもtoC」というイメージがあるかもしれませんが、
MakeShopならBtoBにも対応しています。

MakeShopのデメリット

独自デザインにはスキルが必要

MakeShopでは独自にカスタマイズを行い、
オリジナルのネットショップを作成することが可能になっていますが
独自デザインを作成する場合にはHTMLデータを入力する必要があり、
HTMLのスキルがない方にはハードルの高い作業となります。

また、ネットショップ制作のノウハウがないとせっかくの豊富な機能を使いこなせない、
といった問題が発生する場合もあります。

操作に慣れることで解決することもありますが、
場合によってはプロに外部委託するなどの方法もあります。

そのような場合には、ぜひ弊社サービスをご検討いただければ幸いです。

問い合わせ

他サービスより金額が少し高め

MakeShopは高機能なサービスが豊富に搭載されている分、
他プラットフォームと比較すると固定費が高めに設定されています。

MakeShopのベーシックなプランであるプレミアムプランが
初期費用1万円+月額費用1万円であるのに対し、
同GMOグループが展開している「カラーミーショップ」では
初期費用3240円+月額900円となっています。

コスト面だけを注目すると高めに設定されていますが、
その分豊富な機能や品質の高いサポートを受けることができますので
現状の予算などに照らして、どのカートシステムを利用するのかご判断いただければと思います。

MakeShopの主な機能

豊富な機能が魅力のMakeShopですが、ここで実際に主な機能を一部ご紹介します。

ショップを作る

スマートフォン対応機能
HTMLエディター機能

ショップ運営

会員管理機能
メルマガ配信機能

買い物かご

チェック履歴レコメンド機能
配送希望日設定
アンケート機能

各種決済

クレジット決済代行
コンビニ決済

集客

各種ショッピングサービスとの連携
アフィリエイト連携

以上、簡単ではありますが一部機能をご紹介させていただきました。
ほしいと思う機能は一通りそろっているのではないでしょうか?
全ての機能を確認したい方は、こちらからご確認ください。
https://www.MakeShop.jp/main/function-list/

まとめ

Makeshopは他のASPと比べて機能が充実しており、コストパフォーマンスが高いASPです。
機能の活用次第では大きく売上を伸ばすことが期待できます。

「初期費用を抑えたい」「自分でカスタマイズしたい」と考えている方にお勧めのサービスです。
ぜひご検討をいただければと存じます。

最後に、弊社では、
・楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング、au PAY マーケットなどのモール型EC運営代行
・自社サイト(EC-CUBE、Shopify、Makeshop、カラーミーshop等)構築、運営代行
・LP制作、動画制作、受注代行

なども行っております。

EC運用に関するお悩み(リソース不足、広告運用、バナー制作、受注業務・・)は、
下記お問い合わせよりご連絡ください。