こんにちは!ザーナスデザインチームです!

前回はデザインの「4つの基本原則」の「近接」についてご紹介しました。

今回は2つ目の「整列」について詳しくお話したいと思います。

まずは簡単に4つの基本原則をおさらいしましょう。

 

①デザインの4つの基本原則

デザインには4つの基本原則があります。

1.近接

 関連する情報をグループ化し、それぞれのグループに余白を持って配置すること。

整列

 それぞれの情報を整えて配列すること。

反復

 フォント・余白・配置・色などのデザイン的な構成要素を繰り返して使用すること。

コントラスト

 デザインの強弱をつけて、目立たせたい情報をより目立たせること。

 

 

②整列:整えて配列する

では、「整列」について詳しく見ていきましょう。

下の名刺のデザインを比較してみます。

BeforeとAfterでは【近接】と同様に見やすさが違うと感じられると思います。

それぞれの情報を意味もなく好きな場所に配置すると、すべてがバラバラになり、

とても読みにくくなります。

 

整列には、縦と横それぞれ3つの揃え方があります。

左右の整列は、「左揃え」「中央揃え」「右揃え」。

上下の整列は、「上揃え」「中央揃え」「右揃え」。

 

このAfterの名刺は左右の整列の「左揃え」を使ってデザインしています。

 

③整列:透明な線を意識する

分かりやすくするためには、線を引いてみると良いです。

目に見えない透明な線を意識することで、どこが揃っていないか、分かるようになります。

 

 

気を付けたいことは、2種類以上の整列方法をなるべく使わないことです。

すべての要素を1種類だけの整列方法で整えるだけで、すっきりとデザインすることができますよ。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

次回は「反復」についてご紹介します!