楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング・自社EC

0120-296-593
          平日 10時〜18時

お問い合わせ
ブログ

直帰率と離脱率の違いをわかりやすく徹底解説!

ウェブマーケティングに携わる方は、
Google アナリティクス等のアクセス解析ツールを利用し
WEBサイトのパフォーマンス向上を目指していることと思います。

サイトの問題点を改善していくうえで重要な指標が、
直帰率」と「離脱率」ですが、
この2つの違いをご存じでしょうか。

今回は、間違いやすい直帰率と離脱率の定義について説明していきます。

直帰率とは

直帰率とは、「ユーザーが最初にサイトに訪問したページから、
サイト内の他のページに行かずに離脱したセッションの割合」
を表す指標です。

具体的には、

  • ページやブラウザを閉じた
  • 「戻る」ボタンで前ページ(サイト外)に戻った
  • サイト内にあるリンクをクリックして、別サイトに行った
  • セッション中に午前0時を跨いだ
  • 何も操作しないまま30分以上経過した

という例が”離脱”に当てはまります。

直帰率は下記の計算式で算出できます。

直帰率 = 1ページのみで離脱された数 ÷ ページのセッション

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

【EC用語辞典】直帰率

【EC用語辞典】直帰率

◆直帰率とは 直帰率とは、「ユーザーが最初にサイトに訪問したページから、サイト内の他のページに...

離脱率とは

離脱率とは、「個々ページのすべてのページビューのうち、
そのページが最後の閲覧ページとなった割合」を指します。

離脱率は下記の計算式で求められます。

離脱率=各ページで最後になったページの離脱数÷各ページ全体のページビュー数

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

【EC用語辞典】離脱率

【EC用語辞典】離脱率

離脱率とは 離脱率とは、「ホームページを訪れたユーザーのうち、そのページを最後にホームページか...

直帰率と離脱率の違い

直帰率と離脱率の大きな違いは、
直帰率が「そのページだけで閲覧が終わった割合」のことで、
離脱率は「そのページで閲覧が終わった割合」のことです。

直帰率はセッションを基準としており、
離脱率がページビューが基準となっております。

直帰は離脱の一部と考えると分かりやすいかと思います。

具体例を用いて説明いたします。

サイト訪問がもし以下のような場合、

月曜日: ページ A > ページ B > ページ C > 離脱
火曜日: ページ A > 離脱
水曜日: ページ B > ページ C > ページ A > 離脱
木曜日: ページ C > 離脱
金曜日: ページ A > ページ C > ページ B > 離脱

ページAについて

直帰率:33%
(ページAから始まるサイト訪問3件のうち、ページAのみを閲覧したのは1件)

離脱率:50%
(ページAを含むサイト訪問4件のうち、ページAで離脱したものが2件)

直帰率や離脱率が高くなる理由

  • ユーザーの目的の情報がない
  • ページの読み込み速度が遅い
  • 次のページへの導線が機能していない
  • ユーザーの目的が解決される

直帰率・離脱率が高くなると、
サイトを訪れたユーザーがそのページのコンテンツに
満足していない可能性が考えられます。

ただし、個人のブログや広告型ランディングページなど、
1ページで目的が達成されるものであれば、
直帰率は高くなる傾向にあります。

数値でページの良し悪しを判断するだけでなく、
コンバージョンや平均滞在時間と結び付けて考えることで、
改善すべきページが自ずと見えてくることと思います。

離脱率や直帰率の違いを理解してアクセス分析を行い、
ウェブサイトの最適化にお役立てください。

電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ