EC用語辞典

PPC広告

PPC広告とは

PPC広告とは、ディスプレイ広告やリスティング広告などに代表される、
クリック数に応じて課金されるWeb広告の課金方式の一つです。

PPCは、”Pay Per Click”の略で、クリック課金のことを指します。

ユーザーがその広告をクリックするということは
その内容に深い興味を示しているということを表しており、
それに対してのみ課金がされるため、
PPC広告は費用対効果が高いとして
現在でもWeb広告の主流となっています。

クリック単価の指標にはCPC(Cost Per Click)が使用され、
こちらは1クリックあたりの費用を表します。

※CPCに関してはこちらの記事をご確認ください。

あわせて読みたい

CPC

CPCとは CPCとは、”Cost Per Click”の略で、 WEB広告における掲載料金形態の一つです。 CPCはWEB広告が1クリックされるごとにかかるコストを指し、 クリック単価とも呼ばれます。 リスティング広告 ...

PPC広告の費用計算方法

PPC広告の費用は、広告のクリック数とクリック単価によって決まります。

数式で表すと、

PPC広告費=広告クリック数×クリック単価

となります。

例えば、クリック単価が100円の広告を出稿した場合、
その広告が仮に500回クリックされたとすると、
その広告費は50,000円(500回×100円)となります。

上記では、100円としたクリック単価ですが
出稿する媒体や競合の入札金額などによって
変動するので注意してください。

PPC広告の代表例

リスティング広告

  • Google Adwords
  • Yahoo!スポンサードサーチ

ディスプレイ広告

  • GDN(Googleディスプレイネットワーク)
  • YDN(Yahoo!ディスプレイネットワーク)
  • Criteo

SNS広告

  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • Instagram広告

PPC広告とリスティング広告の違い

PPC広告と混同して使われるリスティング広告ですが、
この2つは完全には同義ではございません。

リスティング広告もPPC広告同様に
クリック課金型広告であることに変わりはないのですが、
リスティング広告はあくまで、「検索連動型広告」。
つまり、検索結果ページに表示される広告のみを指すのに対して、
PPC広告というのはクリック課金型広告全てを総称しています。

分かりやすく説明すると、
PPC広告という大きな枠の中に、
リスティング広告が含まれているということです。

PPC広告の1種がリスティング広告となります。

PPC広告のメリット

スピーディーに内容修正や配信停止ができる

広告の停止や修正などをスピード対応できるのが、
PPC広告のメリットの1つです。

他の広告の場合、途中で広告を停止したり編集をしたりが難しいうえに、
広告効果が高くなかったとしても、そのまま掲載をし続けなければいけません。
しかし、PPC広告であれば、すぐに広告の修正や停止をすることが可能です。

また、インターネット環境が整っていれば、どこでも広告の出稿や編集ができます。
そのため、広告効果や費用に応じて、修正や停止を行えるのは非常に大きなメリットです。

広告効果が可視化しやすい

PPC広告は、広告経由のアクセス数やCV数を把握できるので、
この広告の良し悪しを定量的に判断できます。

他の広告では、広告経由のアクセス数が不透明であったりと
広告効果が判断しにくいものがありますが
PPC広告であれば、インプレッション数やクリック数など
必要な情報を可視化できるので数字を基に課題や改善点を導きやすいメリットがあります。

費用対効果が高い

PPC広告の場合、クリックされなければ費用は発生しません。
上述したように、広告をクリックするということは
その内容に興味があるユーザーがほとんどです。
そのため、興味関心が高いユーザーのみを効率的に集めることができるので
その後の成果(CV)に結びつきやすい特徴があります。
CVが増えるということは必然的に費用対効果も高くなるということです。

また、どんなにクリック率が高い広告でも
成果に結びついていなければ意味がありません。
広告経由のCVRがどれほどなのかも
しっかりと確認してPDCAを回しましょう。

PPC広告のデメリット

自らで広告を運用していく必要がある

PPC広告は掲載したら終わりというわけではなく、
自らで効果測定をしながら運用をしていく必要があります。

また、広告出稿のための手順も覚えなければならないため、
広告運用に関する知識がどうしても必要となってきます。

キーワードによりクリック単価が高くなる

各キーワードごとにクリック単価を設定できるPPC広告ですが、
人気のキーワード、検索ボリュームのあるキーワードは
クリック単価が高くなる可能性がございます。

クリック単価はオークション形式での入札となりますので、
人気のキーワードは競合も多く、クリック単価が高くなる傾向があります。
もし、ご予算に対して想定以上にクリック単価が高い場合は
他のキーワードで出稿するのもいいかと思います。

PAGETOP

平日10:00~18:00

0120-296-593

©2013-2021 zanas