【成果報酬・全額返金保証】EC運営代行・EC広告運用・ECコンサルティング・EC構築・HP制作

0120-296-593
          平日 10時〜18時

お問い合わせ
ブログ

博報堂が2020年4月の消費予報を公表!

博報堂が2020年4月の消費予報を公表!

株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、
20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、
消費の先行きに関する調査を毎月実施しています。

その結果を【来月の消費予報】として公表しておりますので
ここではその概要についてポイントを絞ってご説明いたします。
販促の一助になれば幸いです。

ポイント1:新型コロナウイルスの影響で、消費意欲低下

4月は例年、3月からの変動が少ない月で、
今年も前月比は+0.2ポイントと横ばい。

前年比も全体では-1.3ポイントとやや低下するに留まっていますが、
属性による差が大きくなりました。
性別でみると、男性では前月比+2.5ポイント・前年比+0.3ポイントとなったのに対して、
女性は前月比-2.1ポイント・前年比-2.9ポイントと低下。

年代別では、30代で前月比-2.0ポイント・前年比-4.2ポイントと落ち込みが大きくなっています。

消費意欲指数の理由を見ると、
『新生活、新年度、新学期準備』、『欲しいもの、出費予定がある』といった意見が前年から大幅に減少しています。
また『感染が不安なので出かけたくない』などの新型コロナウイルスに起因する消費へのネガティブな意見が激増しております。
新型コロナウイルスの流行は、消費にとって大きなブレーキとなりそうです。

ポイント2:買いたい・外出したい、ができないというジレンマ

新型コロナウイルスに関しては、外出控え、旅行・イベントの中止、収入減、といったネガティブな意見だけでなく、
『出かけられないのでネットショッピングをしたい』
『こんな時だからこそ経済を回したい』
といったポジティブな意見まで、様々な意見が挙がっています。

ネガティブな意見のほうが圧倒的に多いものの、
『服を買いたい』という意見は前年から減っておらず、
『特に買いたいもの・利用したいサービス』でも前年並みかプラスとなっているものも多いなど、
消費したいという気持ちは必ずしもなくなっていないものの、
現実として消費や外出ができる状況にないと捉えている人が多いことが考えらます。

電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ