ブログ

【EC用語辞典】One to Oneマーケティング

One to Oneマーケティングとは

One to Oneマーケティングとは、
顧客の購入履歴や行動履歴などをデータ化・分析し、
顧客一人ひとりのニーズに合わせたマーケティング活動です。

端的に言えば、誰に対しても画一的なマーケティングを行うのではなく、
顧客それぞれの興味関心に合わせたマーケティングを行うこと。

具体的には、

  • 顧客一人ひとりに違うクーポンを配信
  • 顧客の嗜好に合わせて異なったWebページを表示

などを行うことで購買率の向上を図るなどが
One to Oneマーケティングに該当します。

One to Oneマーケティングが注目された背景

インターネットというものが加速度的に普及したことにより、
ユーザーがリーチする情報量は急激に増加しました。
それに伴い、顧客の好みやニーズは多様化してきています。

以前は、CMなどを通じて大きなトレンドが作り出され、
多くの人が同じトレンドを追い求めるという行動が見られましたが、
現在では、インターネットから様々な情報を入手でき、
SNSで誰でも流行の発信源となれることから、
多種多様なトレンドが作り出されています。

そのため、マスマーケティングのような画一的なアプローチだけでは
高いマーケティング効果を得ることが難しくなってきているのです。

その流れを汲み、顧客一人ひとりに対して最も効果的なマーケティング手法
が求められるようになってきました。

One to Oneマーケティングのメリット

エンゲージメントが高い

One to Oneマーケティングは
ユーザーの趣味嗜好、ニーズに合わせた情報を配信するため、
【広告】という煩わしさをユーザーに感じさせることなく、
内容を見てもらいやすい傾向にあります。

コストパフォーマンスが高い

従来のマスマーケティングでは、
全方位に向けて広告配信を行うため
多額の費用が必要になります。
そのうえ、効果の良し悪しが非常に曖昧です。

しかし、One to Oneマーケティングであれば、
もともと購買意欲の高い顧客に対して
最も必要な情報を提供していくため
購買に繋がりやすいです。
そのため、費用対効果も高くなります。

One to Oneマーケティングの具体例

One to Oneマーケティングでは、
主に以下の手法が取り入れられることが多いです。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、
一度自社のWebサイトに訪問したユーザーを追跡して、
他のWebサイト上で自社の広告を表示させる手法です。

キュレーションサイトなどを閲覧している際に、
画面の一部に自分が閲覧した製品、サービスを目にすることがあると思います。

これはユーザーのCookieの情報をもとに、
過去閲覧したことのある製品、サービスを表示させているのです。
これがリターゲティング広告です。

レコメンデーション

レコメンデーションとは、
過去の購買履歴に基づいて、おすすめ商品の広告を掲載する手法です。
ECサイトや通販サイトでよく見られます。

顧客自身が購入した商品以外にも、
興味関心やユーザー属性が似た別の顧客が購入した商品を
おすすめ表示させることも可能です。
顧客に対して、関心の高い製品、サービスを勧めることができるので、
とても合理的なマーケティング手法といえます。

メルマガ配信、DM

ユーザー情報が得られている顧客に対して、
興味関心のありそうな情報をメルマガやDMで直接届ける手法です。

古典的なやり方ではありますが、
未だに効果の高い手法として利用されています。

例えば、

  • 閲覧履歴のある製品のキャンペーン情報
  • 誕生月である顧客のみにバースデークーポンを配信

など購入意欲を高めることに繋がりそうな情報を配信するのが望ましいです。