ブログ

【EC用語辞典】FBA(Fulfillment By Amazon)

【EC用語辞典】FBA(Fulfillment By Amazon)

FBAとは

FBA(Fulfillment by Amazon)とは、
Amazonの運営する出品者向けの配送・商品管理サービスです。

そもそも、Fulfillment(フルフィルメント)とは、
一般的にはECで商品が注文されてからお客様に商品が届くまでに
必要な業務全般のことを指します。

では、具体対的にどのような業務があるのかというと、

  • 商品の入荷、検品
  • 商品の発注
  • 商品の梱包
  • 商品の発送
  • 在庫管理を含む物流
  • 顧客データの管理
  • 返品対応
  • クレーム対応
  • 決済

などがあります。

つまり、FBAとは、この一連の作業を
Amazonが代行してくれるサービスのことです。

FBAを利用するためには

FBAを利用するためには、Amazonの出品(出店)サービスに登録し、
出品する商品をAmazonが指定した通りに納品する必要があります。

なお、FBAを利用したからとして、
業務が一切発生しないかというとそんなことはありません。

発生する業務を具体的にいうと、

1.Amazonへ商品を納品する際の商品情報登録
2.商品の梱包
3.Amazon倉庫への発送

という流れでひと手間かかります。
その分の人的工数を考慮するようにしましょう。

また、FBA手数料も発生するのでご注意ください。
※FBA手数料に関してはこちら

FBAのメリット

業務効率化

上述したように、出品した商品をAmazon倉庫へ納品してしまえば
商品が売れてから発送まで、その全てをAmazonにお任せすることができます。

このように、発送業務に費やしていた時間を他の業務に割くことができるのは
非常に大きなメリットです。

また、消費者からの問い合わせや返品対応もAmazonが対応してくれるので
受注業務も軽減することができます。

「Amazon」が出品者になるため商品が売れやすい

FBAを利用している商品はプライム対象商品になります。

Amazonを利用するユーザーが最も気にするポイントは
購入しようとしている商品がAmazonプライム対象になっているかどうか
だと言われています。

Amazonプライム対象商品になっているだけで
他の商品より優位性があり、転換率も高い傾向にあります。

カート獲得率が上がる

FBAを利用することで、カート獲得率が向上します。

カート獲得とは、1つの商品ページに対して、複数の出品者がいる場合、
ユーザーにとって購入条件が相対的に良いと判別された出品者が
「カートに入れる」ボタンのトップになる仕組みのことです。

カートを獲得できているか否かで転換率は大きく違います。

ただ、FBAを利用しているからといって、
必ずカートを獲得できるわけではありません。

カートを取るためには、Amazonが設定している様々なロジックがあり、
FBAを利用しているというのは
あくまでそのうちの1つの要素でしかありません。
獲得できる確率が多少でも上がるというようにお考えください。

海外への出品も可能

FBAを利用すると100カ国以上に出品することが可能です。
通関に必要な手数料もかかりません。

※一部商品は例外あり

決済方法が増える

一般的にAmazonの決済方法はクレジットカード決済です。

しかし、ユーザーの中にはクレジットカードを所持していない人が一定数いるため、
それだけ機会ロスが生じてしまっています。

FBAを利用することで代金引換の選択肢が追加できるため、
クレジットカードを所持していないユーザーにも販売が可能となり、
売上拡大に繋がります。

FBAマルチチャネルサービスが利用可能

自社ECサイトや楽天、Yahoo!ショッピングなどで注文が入った商品を
Amazon専用倉庫から出荷することが可能になります。

複数の販路があり、在庫保管と配送代行は
全てAmazonにお任せしたいという方などにおすすめのサービスです。

こちらはFBAのオプションサービスになるため、
依頼毎に手数料が発生します。
多少割高な印象を受けますが、
発送業務の簡略化を検討している方には良いかもしれません。

FBAのデメリット

FBA手数料がかかる

FBAを利用するためには手数料が発します。

具体的には、

  • 配送代行手数料
  • 在庫保管手数料
  • 購入者返品手数料
  • 長期在庫保管手数料 など

FBAはかかる手数料が複数あり、一つ一つが細かく設定されていますので
想定していない手数料が発生してしまう可能性もあります。

FBAを利用する前に必ずどのような手数料があるのかを確認しましょう。

商品コンディションを変更できない

商品を一度Amazon側に送ってしまうと、
商品の状態を把握できなくなります。

そのため、どうしてもクレームの原因になるリスクがあります。

商品コンディションを確認、変更するためには
手元に商品を戻す必要があるので
手間、時間、返送手数料がかかります。

あまり頻発するケースではないかと思いますが、気を付けておきたい点です。

アマゾン倉庫が機能しなくなると、配送が滞る

FBAでは商品をAmazon倉庫に預けるため、
倉庫が災害やシステムトラブルなどで機能しなくなると、
商品の発送が滞ってしまいます。

ECのノウハウが身に付きにくい

ネットショップを運営していくためには
マルチタスクで業務に当たらなければなりません。

商品の販促活動や在庫管理、受注処理、そして発送業務。
時にはクレーム対応も発生します。

このような多岐にわたる運営業務には慣れや経験が
どうしても必要になってきます。

ところが、FBAは非常に便利な反面、
こうした知識、経験を蓄積する機会がありません。

Amazonの運営代行に関してはこちらをご確認ください。

Amazon

Amazon

私たちは提供するサービスが確実なモノでなければいけないと考えています。 多くのEC運営代行は見...