楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング・自社EC

0120-296-593
          平日 10時〜18時

お問い合わせ
ブログ

【EC用語辞典】離脱率

【EC用語辞典】離脱率

離脱率とは

離脱率とは、「ホームページを訪れたユーザーのうち、
そのページを最後にホームページから離脱したユーザーの割合」
を指します。

ホームページを訪れたユーザーは
必ずどこかのページで離脱することになるので、
ホームページ全体の離脱率は100%となります。

そのため、離脱率を確認するときは
ページごとの離脱率を確かめなければなりません。

直帰率と混同しやすいのでご注意ください。

【EC用語辞典】直帰率

【EC用語辞典】直帰率

◆直帰率とは 直帰率とは、「ユーザーが最初にサイトに訪問したページから、サイト内の他のページに...

離脱率の算出方法

離脱率は以下の式で算出することができます。

離脱率=各ページで最後になったページの離脱数/各ページ全体のページビュー数

具体例を用いて説明いたします。

5名のユーザーが、Aというページを閲覧しました。
その後、Aを閲覧した3名は同じサイト内のBというページに遷移しました。
残りの2名のうち1名はAページの閲覧後にそのままブラウザを閉じ、
もう1名は他サイトを閲覧しました。

この例において、
AページのPV数は5回、離脱数は2回なので
2÷5×100=40という計算になり、
Aページの離脱率は40%ということになります。

離脱率

離脱率の改善方法

離脱率が高い場合、以下のような原因が考えられます。

申込などの完了ページ

申込や問い合わせなどのコンバージョン完了ページは、
最終的にユーザーのニーズを満たすページであり、
離脱率が高い傾向にあります。

内部リンクが少ない

サイト内の他ページへのリンク(内部リンク)が少ない場合、
ユーザーが続けて読み進める関連コンテンツへの導線が無いため、
離脱率が高くなってしまいます。

1ページで満足した

求める内容がコンテンツに記載されており、
ユーザーがその1ページで問題解決できたため、離脱率が高くなります。

ブログのような 1 ページのみのサイトや、
その他 1 ページのみのセッションが想定されるようなコンテンツは
離脱率が高くても全く問題ございません。

直帰率と離脱率の違いをわかりやすく徹底解説!

直帰率と離脱率の違いをわかりやすく徹底解説!

ウェブマーケティングに携わる方は、Google アナリティクス等のアクセス解析ツールを利用しWEBサ...

電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ