楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング・自社EC

0120-296-593
          平日 10時〜18時

お問い合わせ
ブログ

【EC用語辞典】EFO

【EC用語辞典】EFO

EFOとは

EFOとは、“Entry Form Optimization”で、
入力フォーム最適化のこと
をいいます。

問い合わせフォームや申込みフォーム、登録フォームへの
入力を最適化することにより、離脱を軽減させ、
確実に申込みを完了してもらう(コンバージョンへ導く)ための施策です。

EFOを行うべき理由

ユーザーがサイトを訪れて、入力フォームまで到達したにも関わらず、
その約80%のユーザーは最終的な申込みに至っていないと言われています。

入力項目の分かりにくさやエラー表示など、
ユーザーが少しでもストレスを感じると途中で離脱してしまうのが
その主な原因とされております。

EFOを行い、入力フォームからの離脱率を改善することは、
集客効率の最適化、申込み獲得数の最大化に大きく寄与します。

入力フォームから離脱する主な要因

  • 入力フォームが長い(入力項目が多い)
  • 必須項目が分かりにくい
  • 半角or全角の指定がある
  • エラー表示された際に入力がリセットされる
  • エラー表示された際の修正事項が不明

入力フォームを改善する方法

フォームはできるだけ短く、項目は最小限に

入力項目が多いと、途中で離脱しやすくなります。
また、項目が多いことがわかった時点で入力を躊躇するユーザーも多いです。

メールアドレスを2度入力させるなど、
無駄な項目はできるだけ削りましょう。

入力の負担を軽減することで、離脱率は低下します。

必須項目をわかりやすくする

入力必須の箇所には、【必須】とわかりやすく明記しましょう。
また、必須箇所のボックス自体に色付けをするのも有効といえます。

半角or全角の指定がある場合はわかりやすく

入力に指定がある場合は、(半角)or(全角)と明記しましょう。
指定した文字以外が入力された場合は
エラーメッセージを表示してあげると
その場ですぐ修正可能なため、
ユーザーの心理的ストレスを軽減できます。

入力した内容が保存されるような設計にする

確認ページから前ページに戻った際に、
必ず入力した内容が消えないような仕様に設計しましょう。

修正が必要な箇所をわかりやすくする

入力完了後にエラー表示が出ているが、
その理由がわからず修正のしようがないため、
離脱してしまうというケースがよくあります。

どの箇所をどのように修正する必要があるのかを
分かりやすく告知するようにしましょう。

電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ