楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング・自社EC

0120-296-593
          平日 10時〜18時

お問い合わせ
ブログ

【EC用語辞典】CVR

【EC用語辞典】CVR

CVRとは

CVRとは”Conversion Rate(コンバージョンレート)”の略で、
「CV率」とも言われ、
Webサイトを訪れたユーザーのうち、
コンバージョン(サイトでの成果)に至った割合

を示す指標です。

コンバージョンとは何か

コンバージョンとは、英語で「転換」「変換」などの意味となります。

WEBマーケティングにおいて、サイト上で設定している「成果」を、
アクセスしてきたユーザーがどれだけ達成しているのかを指します。

この場合の「成果」は、WEBサイトの目的によって異なります。
ECサイトの場合は、商品・サービスの購入や契約が
「コンバージョン」に該当します。

一方、ECサイト以外のWEBサイトでは、
問い合わせフォームからの問い合わせや各種資料のダウンロード、
メルマガの登録などを「コンバージョン」と定義することができます。

WEBサイトの成果を上げるためにはCVRを上げなくてはなりません。

アクセスが多くてもCVRが低ければ売上は増えず、
アクセスが伸びなくてもCVRが上がれば、売上は増加します。

この通り、CVRはWEBサイトをどのように改善するか
という計画を立てるうえで非常に重要な指標となります。

CVRの計算方法

CVRは以下の計算式で算出することができます。

CVR=コンバージョン数÷サイトへの訪問数(セッション数)(×100)

例えば、
1000件のセッションで10件のCVを獲得した場合は、
CVRは1%となります。

1,000÷10(×100)=1(%)

CVRの重要性

上述したように、CVRはWEBサイトをどのように改善するか
という計画を立てるうえで非常に重要な指標です。

CVRの状況から、サイト上で行う施策の優先順位や
どのページをテコ入れすればいいのかを洗い出すことが可能です。

例えば、店舗全体の訪問数が1000件のECサイトがあったとします。
そのうち商品Aのページと商品Bのページで
セッション数(アクセス数)はそれぞれ500件、
コンバージョン数は商品Aが50件、商品Bが10件だと仮定した時、
各商品ページのCVRはそれぞれ以下のようになります。

商品AのCVR:50(CV)÷500(セッション数)=10%
商品BのCVR:10(CV)÷500(セッション数)=2%

ページごとのセッション数が同じなので、
コンバージョン数の多い商品Bの方がCVRが高くなります。

この結果を受けて、
各ページのコンバージョン数を最大化できるであろう施策を検討すると、
ページA⇒セッション数を増やす。
ページB⇒CVRを改善する。
というようになります。

このように、CVRを把握することで
次にしなければならない施策を洗い出すことができるのです。

CVRを上げるためには

サイトごとに「成果」が異なるため、一概には言えませんが、
多くのサイトに共通する改善の鍵となるのは【集客】【接客】です。

集客の改善

  • ターゲットのペルソナを明確化する
  • 集客キーワードを再考する

接客の改善

  • ファーストビューの改善
  • サイドカラムやフッターなどサイトの構成を改善
  • コンバージョンへのリンクやバナーを工夫する
  • ページの表示スピードを上げる
  • ユーザー導線とフォームの改善
  • ランディングページの改善
電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ