ブログ

【EC用語辞典】CPV

【EC用語辞典】CPV

CPVとは

CPVとは、”Cost Per View”の略で、
広告視聴1回あたりのコストを測定する際の指標です。

従来のリスティング広告やディスプレイ広告では、
CPCCPMが使用されていましたが、
動画広告の場合は、【視聴させること】が重要なので、
この課金形態をとられることが多いです。

【EC用語辞典】CPC

【EC用語辞典】CPC

CPCとは CPCとは、"Cost Per Click"の略で、WEB広告における掲載料金形態...

【EC用語辞典】CPM

【EC用語辞典】CPM

CPMとは CPMとは、"Cost Per Mille(コスト・パー・マイル)"の略で、WEB...

CPVの計算方法

CPVは以下の計算式で算出することができます。

CPV=広告出稿費用÷動画再生回数

例えば、
10,000円の広告費に対して1,000回の再生だとすると、
CPVは10円となります。

CPCVとの違いについて

CPCVとは

CPCVとは、”Cost Per Completed View”の略、
動画が最後まで再生された回数に応じて発生する広告コストのことです。

CPCVは以下の計算式で算出いたします。

CPCV=広告出稿費用÷完全視聴完了数

この課金モデルの特徴は、
完全に動画を視聴してもらうことが条件となる点です。
逆を言えば広告がスキップされたり、途中で中断されたりした場合は
上記の完全視聴完了数にはカウントされません。

商品やサービスなどの説明に重点を置いた広告などと
相性が良いとされています。

CPCVとの違い

CPCVは、再生された動画広告が最後まで視聴されることを指標にしていますが、
CPVは視聴回数を指標にしているため、広告を最後まで見る必要がありません。

CPCVは、動画を最後まで見てもらうことによって、
商品やサービスに理解や関心をもってもらうことを目的としていますが、
CPVはより多くの人に届けること、認知してもらうことを目的としています。

このように視聴における目的が大きな違いとなります。