楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング・自社EC

0120-296-593
          平日 10時〜18時

お問い合わせ
ブログ

【EC用語辞典】CPL

【EC用語辞典】CPL

CPLとは

CPLとは、”Cost per Lead”の略称で、
1件のリード(見込み客)を獲得するためにかかったコストのことです。

マーケティング施策の効果などを測る指標として使われることが多く、
CPAやCVRなどその他の指標と合わせて用いられる場合もあります。

また、上述した見込み客というのは、
顧客になる可能性があり、
まだ他の商品やサービスと比較・検討している顧客」のことです。

つまり、リードの件数が多ければ多いほど購入まで至る可能性が高まるため、
まずは全体の母数としてリードを増やす必要性があります。

【EC用語辞典】CPA

【EC用語辞典】CPA

CPAとは CPAとは、"Cost Per Acquisition"の頭文字をとったもので、1...

CPLの算出方法

CPLは以下の計算式で算出することができます。

CPL=集客コスト÷獲得見込み顧客数

例えば、100万円の広告費を出して集客を行い、
1,000人を集客することができれば、
CPLは1,000円と算出されます。

利用するメディアによってCPLは大きく異なりますが、
Emailを利用する場合のCPLは1,000円~10,000円、
バナー広告では8,000円~10,000円、
展示会では35,000円~100,000円であることがほとんどです。

CPLを用いる際の注意点

CPLはリードにかかる獲得コストを算出する上で重要な指標です。
しかし、CPLの数字だけでは【リードの質】を把握することができません。

例えば、獲得した見込み顧客が展示会で実際に訪れた顧客なのか、
バナー広告から流入した顧客なのかはCPLだけではわかりません。

これらの顧客は流入経路などで購買意欲が変わることもあり、
CPLだけでは測ることができない要素です。

CPLを用いる場合は、CPCやCPAなど他の指標を組み合わせて
マーケティング施策を判断する方が良いと思います。

また、リードの質も含めた最終的な成果を判断したい場合は、
CVRを用いた方が良い場合もございます。

電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ