ブログ

【EC用語辞典】CPC

【EC用語辞典】CPC

CPCとは

CPCとは、”Cost Per Click”の略で、
WEB広告における掲載料金形態の一つです。

CPCはWEB広告が1クリックされるごとにかかるコストを指し、
クリック単価とも呼ばれます

リスティング広告などのWEB広告を扱う上で、
CPCは、基本的かつ重要な指標とされております。

CPCの計算方法

CPCは以下の計算式で算出することができます。

CPC=広告費÷広告で獲得したクリック数

例えば、
リスティング広告で100,000円の広告費をかけて
クリック数が200だった場合、

100,000円÷200=500円

1クリック当たり500円の広告費がかかったことになります。

CPMとの違い

CPCと並んで、WEB広告掲載料金の重要な指標となるのがCPMです。

※CPMに関してはこちらの記事をご確認ください。

CPCとCPMでは、費用の発生する仕組みが異なります。

CPCは、WEB広告1クリックに対して費用が発生するため、
クリックされなければ何回表示されても費用はかかりません。

CPMは広告が1,000回表示されるごとにコストが発生する
インプレッション型の課金方式となります。
広告がクリックされなかったとしても、表示回数に対して費用が発生します。

【EC用語辞典】CPM

【EC用語辞典】CPM

CPMとは CPMとは、"Cost Per Mille(コスト・パー・マイル)"の略で、WEB...

CPCとCPMを選ぶ基準

CPCかCPMのどちらの課金モデルを選ぶのかは
広告の種類や内容、目的によって異なってきます。

一般的には、ブランド・アウェアネスの向上や新商品の告知など、
多くの人への認知を目的とする場合にはCPMが妥当とされています。

WEBサイトの訪問を促し購入、問い合わせ、資料請求など、
パフォーマンスや何らかのアクションに結び付けたい場合には、
CPCを選択すると良いでしょう。

また、CPCのメリットはクリックというアクションを伴うため、
流入経路、訪問日時などのユーザーの動向を分析しやすく、
費用対効果を明確にしやすい点が挙げられます。

その広告ジャンルに興味のあるユーザーを中心に、
クリック数が最大になるよう配信されますが、
広告内容によっては配信数が見込めない場合もあります。

また、スマホユーザーが多い場合、画面の小ささから
誤クリックによる無駄なコストが発生する可能性がある点は
デメリットともいえ、注意が必要です。

さらに、ポイント付与などのインセンティブ付広告は、
ポイントを目的としたクリックが増えるため、
CPCでは費用対効果が悪くなる可能性が高いです。

費用対効果を上げるには、
CPCとCPMそれぞれのメリットとデメリットを十分に理解し、
出稿する広告の「目的」と「ターゲット層」に応じて
広告を選択をする必要があります。

CPCとCPMのどちらを選ぶか迷った場合には、
定期的に課金方法を変更して、
費用対効果を分析すると良いでしょう。