楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング・自社EC

0120-296-593
          平日 10時〜18時

お問い合わせ
ブログ

【EC用語辞典】CPA

【EC用語辞典】CPA

CPAとは

CPAとは、”Cost Per Acquisition”の頭文字をとったもので、
1件のコンバージョン(例:商品購入、資料請求、メルマガ登録)を
獲得するためにかかったコストのこと
です。

“顧客獲得単価”、”成果単価”とも呼ばれています。

CPAは1件あたりのコンバージョンに
どのくらいの費用がかかったのかを示すので、
重要度が非常に高い指標とも言えます。

CPAの計算方法

CPAは、以下の計算によって求めることができます。

CPA:広告費用÷コンバージョン件数

上述しましたように、
CPAはコンバージョン1件あたりの広告費用を明らかにするものなので、
式は広告費用全体をコンバージョン件数で割ったものになります。

例えば、

広告費:¥100,000
コンバージョン:100件

だとすると、CPAは¥1,000となります。

計算式は次の通りです。

100,000(広告費)÷100(コンバージョン)=1,000(CPA)

この場合、粗利が1,000円以上でなければ赤字ということになります。

企業はコストをかけて広告運用を行いますので、
いくら費用をかけてもコンバージョンが得られなければCPAは高くなり、
どうにか獲得できたとしても
赤字となってしまっているケースが非常に多いです。
そうならないためにもCPAを確認し、
広告費用の見直しをしてみてください。

CPAの重要性

CPAが上がると利益が圧迫され、CPAが下がれば利益は増加します。
すなわち、CPAを知ることのメリットは、
広告に対する費用対効果がわかるところにあります。

CPAと扱う商品単価のバランスを考慮して
広告やサイトの改善に役立てていけるのです。

CPAを考える際の注意点

前項の通り、CPAを活用する目的は、広告の費用対効果を確認することです。

CPAが低ければ、少ない広告費で
コンバージョンを獲得できているということになります。
ただし、ここで注意しなければいけないのが、
CPAの数値が全てではないということです。

CPAが変動している根本的な原因を突き止めることができなければ、
計画的な広告運用は難しくなります。

また、CPAの値を下げようとするために広告費用を減らしてしまうと、
コンバージョンが減る恐れもあります。
CPAを正しく評価し、ある程度の許容範囲を定め、
その範囲内で広告を運用するのが重要になるでしょう。

電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ