EC用語辞典

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する高機能なアクセス解析ツールです。

サイト利用者の訪問状況や流入経路、行動パターンを分析することで、
サイトの良い点・悪い点の把握ができ、
WEBサイト改善へと繋げることができるため、
WEBサイト運営を行う上では必須のツールといえるでしょう。

具体的には下記のようなデータを計測することができます。

  • ユーザーはどこから来たのか(流入経路)
  • 訪問者数はどのくらいか(アクセス数)
  • 1人のユーザーがサイト内のページをどの程度閲覧しているか(回遊率
  • どんな人が訪れているのか(属性データ)
  • どんなページが見られているのか(行動フロー)
  • ユーザーが使用しているデバイス(パソコン・スマートフォン)

なお、Googleアナリティクスは誰もが無料で使うことができ、
データが蓄積されればされるほど解析できる要素も多くなります。

Googleアナリティクスの導入方法

Googleアナリティクスを利用するまでの流れは下記の通りとなります。

1.Googleアカウントを作成

Googleアナリティクスを利用するためには、Googleアカウントが必要です。
Googleアカウントをお持ちでない方は、
下記URLからアカウントを作成してください。

※Googleアカウント作成はこちらから

2.Googleアナリティクスアカウントを作成

Googleアカウントを作成したら、
次にGoogleアナリティクスアカウントを作成します。

※アナリティクスアカウント作成はこちらから

アナリティクスアカウント作成が完了した後、
Googleアナリティクスページの「無料で利用する」のボタンをクリックして、

  • 解析するサイトのアカウント名(会社名、個人名など管理しやすい名前)
  • ウェブサイト名(Googleアナリティクスを導入するWEBサイト名)
  • ウェブサイトURL

を入力し、「トラッキングIDを取得」をクリックします。

3.トラッキングコードの設置

データ計測を開始するためには、
トラッキングコードと呼ばれるJavaScriptのコードを
所定のページに組み込む必要があります。

Googleアナリティクスアカウントを作成し、
トラッキングIDが発行されたら、
アクセス解析を行いたい全ページのソース内に貼りつけて
トラキングコードを設置することで、データ収集が開始されます。

ユーザーがページにアクセスするとコードが実行され、
Googleのサーバーにデータが蓄積され、
Googleアナリティクスで計測する仕組みです。

トラッキングコードが正しく設置されていればデータ収集が始まり、
翌朝にはデータが反映されます。
なお、トラッキングコードを貼り忘れるページがあると、
正しいデータが計測できなくなります。
必ずサイト内の全ページに設置するようにしてください。

Googleアナリティクスで計測できるデータ

Googleアナリティクスで計測できるデータは以下の4つとなります。

ユーザー

ユーザーメニューでは、サイトの訪問数やページビュー数、
平均滞在時間、使用デバイス(パソコン・スマホ)、新規/リピーターなど、
どんなユーザーがどのくらい訪れているのかといったデータを見ることができます。

例えば、ユーザーの使用デバイスでスマホの比率が高い場合、
スマートフォン用に最適化するといった施策を立てられます。

集客

集客メニューでは、ユーザーがどのような経路で
サイトに訪れているのかを見ることができます。
具体的な項目の説明は以下となります。

・Organic Search(オーガニック検索)
Google、Yahooなどの検索エンジンからの自然検索流入

・Sosial(ソーシャル)
FaceBook、Twitter、InstagramなどのSNSからの流入

・Referral(リファラル)
他のサイトのリンクからの流入

・PaidSearch(有料検索)
リスティング広告などからの流入

・Direct(ダイレクト)
直接URL入力・ブックマークからの流入

・Display(ディスプレイ)、Other Advertising(他の広告)
ディスプレイ広告など検索連動型広告以外の広告での流入

行動

行動メニューでは、ユーザーのサイト内での動きを見ることができます。

ページごとのPV数、平均ページ滞在時間、直帰率、離脱率などの項目を調べられます。

例えば、ECサイトで直帰率や離脱率が高いページは、
ページ改善のための施策を考える必要がある、といったことがわかります。

コンバージョン

(会員登録数・商品購入数などの)目標に対して
どのくらいの成果が出たかを見ることができます。

Googleアナリティクスで目標を設定することで、
「登録完了」「購入完了」など、サイトの目標画面の訪問を計測できます。

「コンバージョン」→「目標」→「概要」から
目標サマリーレポートで下記の項目を確認できます。

  • 目標完了数
  • 目標値
  • コンバージョン率
  • 目標全体の放棄率
  • 目標ごとの完了数

アクセス解析をする一番の目的は、
「コンバージョン」を増やすことですので、
この項目は常にチェックするようにしましょう。

Googleアナリティクスを用いてアクセス解析をする目的

Googleアナリティクスではサイトに訪れたユーザーを可視化し、
ユーザー行動を把握することができるため、
コンバージョンに繋げるためにはどんな施策を立てればよいのかを
知る上で欠かせないツールとなります。
さらに、実際に施策を行ったうえでの検証も
Googleアナリティクスで確認ができるので
これ1つでPDCAを回すことができます。

また、Googleアナリティクスでは、
ユーザーがサイトに訪れてから離脱するまでの行動を
計測することはできますが、
サイト訪問前・サイト訪問後の行動を計測することはできません。
サイト訪問前や訪問後のデータを取るためには、
別のアプローチが必要となりますのでご注意ください。

関連用語

PAGETOP

平日10:00~18:00

0120-296-593

©2013-2021 zanas