楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなど、モール型ECが熾烈な競争を繰り広げる中で、
auユーザーを主なターゲットに据えた独自路線を歩み、
着実に流通額を伸ばしているのが「au PAY マーケット」です。

auをご契約の携帯利用料が月々最大10%OFF or ポイント最大16%還元
というお得なお買い物特典プログラムを引っさげて、他モールとの差別化に成功しています。

流通額こそ楽天やYahoo!ショッピングにはまだ及ばないですが、
出店店舗数、アクティブユーザー数などから考えると
au PAY マーケットはまだまだチャンスの多いモール型ECといえます。

楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング以外に新しい販売チャネルを増やしたいと願う一方で、
出店はしてみたものの、思うように売上が伸びず、
「au PAY マーケットに詳しい人材がいない」
「au PAY マーケットのイベント日がわからない」
「どうしたら売上が伸びるのかわからない」
などの店舗様のお悩みをよく聞きます。

今回はそんなお悩みを解消すべく
au PAY マーケットの売上アップのコツと
「au PAY マーケット運営代行」サービスをご紹介いたします。

目次

au PAY マーケット(旧Womwa!)運営代行とは

弊社が提供するau PAY マーケット運営代行サービスは、
「売上伸長」に重きを置いたau PAY マーケットコンサルティングと
ネットショップ運営に必要な業務全般を代行して行うサービスとなります。

au PAY マーケットコンサルティング

DeNAショッピング時代からモールのロジックを細かく分析している弊社だからこそできる、
売上伸長のための具体的な戦略コンサルティングを行います。

・店舗分析
・運営ロードマップ作成
・競合調査、マーケット分析
・販売戦略、イベント施策のご提案
・プラチナマッチ広告のご提案
・外部広告を活用した流入増加施策のご提案
・SNSを活用したマーケティング施策のご提案
・レポート提出、定例MTG
・運営における各種サポート
など

運営代行実務作業

売上伸長のために必要な実務作業を中心に代行いたします。

・au PAY マーケット内SEO対策
・商品登録
・画像制作
・LP(イベント用特集ページ)制作
・メルマガ制作、配信
・広告管理
・イベント管理
など

au PAY マーケットで売上を伸ばしていくためには、コツがあります。

私たちはそのコツを熟知した実績豊富なコンサルタント、au PAY マーケット店長経験者が
多数在籍しており、リーズナブルな料金で業界最高峰の知識と経験をご提供いたします。

『ネットショップのスペシャリスト集団』にau PAY マーケットの運営をお任せください。

詳しいサービス内容はこちら

au PAY マーケット(旧Wowma!)運営代行にかかる料金は?

au PAY マーケット運営代行サービスを利用する際にかかる料金は、
委託する内容によって異なります。

部分的に業務を委託するのか、丸投げするのかで料金が異なるため、
外注予算や委託したい内容を加味した上で、どのサービスを利用するのか決めましょう。

au PAY マーケット運営代行サービスを行っている各社の料金プランを紹介いたしますので
代行会社選びの参考にしてみてください。

EC・ネットショップ運営代行料金表

なお、au PAY マーケットの場合、楽天やYahoo!ショッピングなどと比べると、
店舗運営経験者が相対的に少なく、専門知識がない代行会社が多いです。
そのため、依頼ができない代行会社もございますのでご注意ください。

au PAY マーケット(旧Wowma!)運営代行を依頼するメリット

ノウハウがなくても売上を伸ばすことができる

EC・ネットショップの運営には、HTMLやマーケティングなど専門的な知識が必要となります。
そのうえ、au PAY マーケット管理画面の操作方法やau PAY マーケット内SEOなど
au PAY マーケットに関するノウハウも把握していなければなりません。

しかし、上述したようにこのような人材はなかなか見つからず、
知識があればあるほど人件費も高くなってしまいます。

au PAY マーケット運営代行サービスを利用することで、
自社にはない専門知識を活用してネットショップの運営が可能となり、
社内で運営するよりも高確率で売上を伸ばすことができます。

効率的な運営ができる

EC・ネットショップ運営の全てを自社で行う必要がなくなるため、作業時間を削減することができます。
さらに、自社にとって弱点である箇所をプロに補完してもらえるので会社全体の運営効率が向上します。

そのため、自社の限られたリソースを、
商品開発などの「自社でしかできない業務」に割くことができます。

人件費一人分(20万円前後)で委託が可能なので、
新たに雇用するよりも安い料金でその道のプロにお任せできるのは大きなメリットといえます。

採用コストや育成コストが削減できる

au PAY マーケットで売上を伸ばしていくためには、
au PAY マーケットの運用経験が豊富な人材を雇用する必要があります。

しかし、再三申し上げたようにこのような人材は希少です。
妥協の末、EC・ネットショップ経験者を採用したとしても、
au PAY マーケットに慣れるまで一定の育成コストが発生してしまうでしょう。

ですが、私たちのようなEC・ネットショップ運営代行会社に委託すれば、
新しい人材を採用するためのコストや、育成コストを削減することができます。
そのうえ、雇用によるリスクも回避できるというのは、時世柄大きな意味を持ちそうです。

au PAY マーケット(旧Wowma!)運営代行を依頼するデメリット

月額利用料が発生する

規模の大小に関わらず、EC・ネットショップは出店してすぐに売上が伸びるほど甘い世界ではありません。

特に、中小規模のEC・ネットショップであれば、
当たり前のように売上ゼロの日が続くこともあります。

そのような不安定な段階のうちにEC・ネットショップ運営代行を利用すると、
店舗の売上に関わらず月額利用料が発生してしまうため、
粗利よりも代行会社に支払う費用の方が高くなってしまう恐れがあります。

このようなことが起きぬよう、EC・ネットショップ運営代行を利用する際には
事前に見積もりを取り、損益分岐点を明確にしておく必要があります。

社内にノウハウが蓄積されにくい

au PAY マーケットの運営を外部に委託することで
社内業務を効率化できるというメリットがありますが、
その一方で、社内に知識と経験が蓄積されないリスクを負うことになります。

売上が安定してきたから自社で運営していこう、
という意思決定を取りにくいのはデメリットといえそうです。

将来的には自社で運営を行っていきたいとお考えなのであれば、
不明点を丁寧に教えてくれる代行会社を選ぶと良いでしょう。

au PAY マーケット(旧Wowma!)の売上アップのコツ

au PAY マーケットで売上を伸ばしていくために必要なことは以下の3つです。

・アクセス数を増やす(UUを増やす)
・転換率を上げる(CVRを上げる)
・客単価を上げる

アクセス数を増やすためにすべきこと

商品名、検索キーワード、カテゴリID、商品説明文の見直し

au PAY マーケットの検索順位に影響する主要要素は大きく4つです。

①商品名
②カテゴリID
③検索キーワード
④商品説明文

この中で最も重要となるのが、商品名です。
商品名はお客様に商品の魅力を強く訴求できるだけでなく、
検索エンジンに対しても、キーワードとして認識してもらう非常に重要な項目です。

商品名

全角64文字(半角128文字)以内で入力が可能ですので、最大文字数まで入力するようにしましょう。
商品との関連性が高いワードほど先頭に持ってくるようにすると、より効果的です。

また、【】などの装飾文字は不要なワードと認識され、
au PAY マーケット内SEOに悪影響を及ぼしますので注意が必要です。

カテゴリID

au PAY マーケットの場合、商品を出品するためには、必ずいずれかのカテゴリに属する必要があります。
最も適切なカテゴリで登録するようにしましょう。

検索キーワード

こちらは他モールではあまり見かけない箇所となりますが、
au PAY マーケット内SEOにおいて重要な意味を持ちます。

商品名に入れることができなかった検索対策キーワードはこちらの箇所に入れるようにしましょう。
全角10文字(半角20文字)以内と制約はありますが、
半角スペースで文字を区切れば複数のキーワードを設定することが可能です。

商品説明文

こちらも検索対象となりますが、上記3つ比較すると効果が薄い印象があります。
ですが、検索対象である以上はこちらもしっかりと対策をしておきましょう。

また、今回ご紹介した4つ以外にも
・店舗名
・JANコード
・ISBNコード
・型番
も検索対象になりますので、入力ができる商品の場合は
記入漏れがないか注意するようにしましょう。

広告の設定、見直し

商品ページへの流入の約80%がモール内の「検索」からとされています。
その中でも、【検索結果1ページ目からのアクセス】が大半とも言われています。

しかし、新商品や実績が無い商品、売上が低い商品などは
検索結果上位に表示されにくい傾向があります。

そのような場合の解決策になりうるのが、プラチナマッチ広告です。

プラチナマッチ広告

プラチナマッチ広告とは、au PAY マーケット内の”クリック課金型広告”です。

クリック課金型広告とは、広告がクリックされた回数に応じて料金が発生する広告で、
広告費を抑えながら、露出をかけることが可能です。

プラチナマッチ広告には、
・検索広告
・レコメンド広告
・クーポン広告
の3種類があり、この中でもっともおすすめなのが【検索広告】となります。

少ない予算でも広告出稿が可能ですので、まずは商品を認知してもらうためにも
こちらの広告を利用してみてはいかがでしょうか。

また、すでに検索広告を活用いただいているお客様は
単価、キーワード、サムネ画像の見直しをしてみてください。

1,000円ぽっきり商品を設定する

au PAY マーケットの場合、1,000円ぽっきり会場が常設されています。

ここに掲載される可能性も十分ありますので、
自社商品へのタッチポイントを増やすためにも
1,000円ぽっきり商品は必ず設定するようにしてください。

転換率を上げるためにすべきこと

商品ページの見直し

転換率は商品ページのクオリティに大きく左右されます。

良い商品ページとは、
・情報が整理されていて、内容が理解しやすい
・商品を購入する理由が明確になっている
・購入までの導線にストレスがない
など諸々の要件がありますが、
最も重要なのが、安心して購入できる情報量が伴っていることです。

商品ページ内に十分な商品情報があるか、わかりやすい商品画像が入っているか
などをお客様目線で再度確認してみてください。

販促の見直し

au PAY マーケット内で転換率アップの効果が最も高い施策はクーポン施策です。

クーポンを設定することで、
商品詳細ページ、カートページいったユーザーとのタッチポイントで、
クーポンが表示されるようになります。

クーポンの有無で転換率が大きく変わりますので、ぜひ試してみてください。

自動販促オプションを利用する

au PAY マーケットでは、販促施策の効率化や来訪者の購入促進のために
新たな販促メニューとして「自動販促オプション」というものが
2021年11月8日よりリリースされました。

「自動販促オプション」利用店舗様は、
事前に販促プラン(商品割引クーポン)を設定しておくだけで、
配信シナリオに合致する顧客に対して、自動でメール配信を行うことができます。

KARTEを利用する

au PAY マーケットに出店している店舗様であれば、
外部のWEB接客ツール【KARTE】を利用することができます。

こちらを利用することで、
・ウェルカムメッセージをポップアップ表示
・セール会場への誘導
・クーポンを露出
などを簡単に行うことができます。

お客様とのタッチポイントが増えることで
回遊率の向上、ひいては転換率の向上につながります。

客単価を上げるためにすべきこと

購入価格ごとに特典を付ける

・2点以上のお買い物で500円OFFクーポン
・4,000円以上のお買い物で送料無料
などといった、ユーザーが複数購入することのメリットを
強く打ち出すことで客単価を上げることができます。

そのため、セット買いしやすいような商品ページにすることも非常に重要です。

セット商品を設定する

例えば、【防災バッグ】などがこの例に該当します。
複数の商品をまとめて1つの商品にすることで
1つ1つの単価は安くても、高単価商品にすることができます。

このように、複数の商品を合わせたセット商品は
他社との差別化にもなり、競合他社との価格競争からも脱却することができます。

au PAY マーケット(旧Wowma!)のイベント日

au PAY マーケットでは、他モール同様に様々なイベントが設けられています。
イベント期間中は売上を作りやすいので、イベントに合わせて
しっかりと販促を行うようにしましょう。

au PAY マーケットで主に開催されているイベントは以下の通りです。

・還元祭(毎月1回~2回)
・BIGSALE(3ヶ月に1回)
・三太郎の日(毎月3日、13日、23日)
・たぬきの恩返し(不定期)
・たぬきの大盤振る舞い(不定期)
・5と0のつく日(期間限定イベント)※2021年7月5日~2021年9月25日

au PAY マーケット(旧Wowma!)運営代行を依頼する際の注意点

au PAY マーケット運営代行サービスは上述したように様々なメリット・デメリットがあります。

au PAY マーケット運営代行は売上最大化を図るうえでは非常に便利なサービスですが、
代行業務内容やコンサル内容、提案内容が代行会社の力量に大きく左右されるため、
しっかりと比較検討をするようにしましょう。

依頼内容を明確にする

まずは自社の課題を抽出する必要があります。

そのうえで、その課題となる部分だけを依頼するのか、
運営全体を依頼するのかを決める必要があります。

また、部分委託が不可という代行会社もありますので
事前に委託可能か否かを確認するようにしましょう。

予算を明確にし、比較検討する

自社が外注費として捻出できる費用を把握し、
その費用に見合った代行業者を探すようにしましょう。

また、代行会社の実績などもしっかりと確認し、
その費用に見合う成果がちゃんと出るのかどうかも勘案する必要があります。

au PAY マーケット代行会社をお探しであれば、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。